« 想像力と謙虚さと | トップページ | 介護が身近でないうちに読んだほうがいい »

2018年5月25日 (金)

身辺整理

先日、本と珈琲のショップ、梟書茶房のことを知りました。

https://www.doutor.co.jp/fukuro/

カフェ&本の組み合わせ自体は、わりと最近はやりだよねー、という感じでよく聞くものではあります。ガイアの夜明けが炎上した、某日比谷ミッドタウンの書店みたいに、本屋は本に専念した方が…という感想しか持ってなかったのですが。

こちらの話でいいなぁと思ったのは、本が全部ふくろとじされていて、タイトルも中身もシークレットな状態で売られているということ。

中身わからない本が届くというコンセプトも、まあこれまでもあったといえばあったのですが。でもこちらは、カフェの特性上、少ない点数の書籍しか置けないという弱点がありつつ、それでも書店の一番の強み&付加価値と思われる、本との偶然の出会いができるという点を、ちゃんと提供できる仕組みだということ。そもそも、「本との偶然の出会い」を楽しめる人というのは、本好きの人に他ならず、そこからこの店舗が、本当に本Loverたちを相手にしてくれているというのがちゃんと伝わってくるというのが、とても良いなぁと思いました。

某ガイアの夜明けが炎上したのも、本がちょっとオシャレな装置としてしか扱われてない!という怒りが大きかったのだと思うよ。

それで、私も家にたくさん本をため込んでいるけれど、これ、死ぬまでに全部、一番読ませてあげたい人のところに、それぞれ送り届けてあげたいなぁ、なんてことを考えました。CDとかゲームとかも。

どうせ形見分けで、あんまり価値のわからない親戚とかが売っぱらってしまうものなら、自分の意思で届けられる方がいいなぁと思うのですが。そういうサービス、できないものかなぁ。

« 想像力と謙虚さと | トップページ | 介護が身近でないうちに読んだほうがいい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599133/66759365

この記事へのトラックバック一覧です: 身辺整理:

« 想像力と謙虚さと | トップページ | 介護が身近でないうちに読んだほうがいい »